熊本 (大分) 地震 ニュース (「熊本 炊き出し」 「熊本 テント 無料」「一時 避難」先「熊本 食糧」の 最新 情報も)

熊本 がんばれ

くまもん 応援


県や市までは、物資は届いている模様!もう少し、がんばって!

高齢者は、我慢しがち! 声かけてね!

小さなお子さんがいる人は、はやめの 一時避難という選択も!

「熊本 炊き出し」 について ( ツイッター情報が確認できる)yahoo リアルタイム 情報

「熊本 食糧」について ( ツイッター情報が確認できる)yahoo リアルタイム 情報

「熊本地震」 について( ツイッター情報が確認できる)yahoo リアルタイム 情報 

「一時 避難」 について( ツイッター情報が確認できる)yahoo リアルタイム 情報

「熊本 居住」について 当面の居住先を探すという 選択肢も・・・yahoo リアルタイム 情報

「熊本 テント 無料」について ( ツイッター情報が確認できる)yahoo リアルタイム 情報

「畳 無料」について ( ツイッター情報が確認できる)yahoo リアルタイム 情報

「被災  移住  無料」について ( ツイッター情報が確認できる)yahoo リアルタイム 情報



「 #熊本 」 について( ツイッター情報が確認できる)yahoo リアルタイム 情報

「大分 炊き出し」 について( ツイッター情報が確認できる

「 #大分 」について( ツイッター情報が確認できる)


一時 避難先の選択肢

移住人気No.1岡山県の「弱点」をあえて探してみる (3,11後、岡山が移住先ナンバーワンに選ばれた)
//////
ツイッター情報が確認できる  yahoo リアルタイム 情報  言葉



被災 薬 


被災 アレルギー


被災 口臭 


被災 化粧


被災 仮設 住居

被災 介護

被災 子供 おもちゃ

被災 女性


被災 高齢

被災 配給

被災 衛生

被災 お風呂

被災 観光 支援

被災 ヘッドライト

被災  鉛筆

被災 健康

被災  自衛隊

被災  警察

被災  消防

被災  自治体

被災  ボランティア


必要なものは、ツイッター で情報発信を!
//////
小さなお子さんがいる人は、はやめの 一時避難という選択も!

//////
民泊仲介サイト、被災者へ部屋を無料貸し出し

熊本県が震源の地震を受け、大手の民泊仲介サイト「Airbnb(エアビーアンドビー)」は15日、九州地方で部屋を無料で貸し出す人を募り、被災者が手数料なしで借りられるようにした。午後8時50分時点で、熊本、福岡、長崎、大分、鹿児島の5県で47件の物件が登録されている。

 部屋を貸し出す人と被災者をつなげる専用ウェブサイト(https://www.airbnb.jp/disaster/southernjapanearthquake別ウインドウで開きます)を立ち上げた。支援として無料で部屋を貸し出してくれるよう、九州地方で部屋を貸し出す登録をしているホストや、未登録の空き部屋の所有者に呼びかけている。

 被災者は専用サイトを通じ、泊まりたい部屋のホストに申し込める。対象となる被災者の要件は同社側で定めず、「ホストと利用者間のやりとりでご判断いただく」としている。当面は20日までとしているが、状況によって延期することも検討する。宿泊料に加えてかかる手数料も無料にする。
///////
被災者に県営住宅を無償貸し出し 岡山


岡山県は19日、熊本地震の被災者に県営住宅を無償貸し出しすると発表した。
 貸し出すのは岡山、倉敷、備前市内の計10戸。罹災(りさい)証明書の交付を受けた人が対象で、家賃は6カ月間免除する。20日から申し込みを受け付け、入居は27日ごろから可能。生活用具のガスコンロ、照明、カーテンなどは県が準備する。
 問い合わせは県住宅課(086 226 7867)。

など
///////
益城町に総社発送「テント村」を

熊本地震で、国際医療ボランティアAMDA(本部・岡山市)などとともに被災地支援活動を展開している総社市に、市環境観光大使を務める登山家野口健さん(42)からテント100張りが提供された。市などは23日、甚大な被害が出ている熊本県益城町(ましきまち)に発送。避難場所となるテント村を開設する。
 野口さんは、避難のため「車中泊」を余儀なくされている被災者の間でエコノミークラス症候群による健康被害が広がっていることを懸念。「キャンプ用テントを提供したい」と総社市に申し出た。
 テントは約3メートル四方で4、5人用。床面に敷くマット400枚と合わせて22日、総社市役所に届いた。
 災害対応で連携しているAMDAと総社市、丸亀市など中四国10自治体による、総社市を発着基地とした熊本地震の「支援シャトル便」第2便で発送。各自治体の派遣職員25人で、益城町陸上競技場内にテントを張る。テント村にはAMDAの医師、看護師が常駐。24日から車中泊をしている人に優先的に利用してもらう。
 総社市役所では22日、第2便の派遣職員がテントの設営方法を確認。片岡聡一市長は「避難生活は1週間を超え、疲労も限界に達しているはず。ゆったり足を伸ばせる空間で少しでも気が休まれば」と話した。
 野口さんは2008年、同市の環境観光大使に就任。代表理事を務めるNPOを通じ、全国の有志にもテントの提供を呼び掛けている。
///////
熊本 地震

Powered by RSSリスティング


大分 地震
Powered by RSSリスティング


//////

熊本城 地震
Powered by RSSリスティング

//////